読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

バリ後編、楽しく生きる

以下、バリで見せてもらったものを紹介。 バリ人はニワトリを飼う習慣があります。ニワトリを戦わせる風習(タジェン)があるそうですが、今回は残念ながら機会に恵まれませんでした。ちなみに彼らは夜中も鳴いていました。寝かせてくれ! 隣の家の一階が売店…

バリ前編、強く生きる

こんにちはトケシです! お久しぶりです、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 俺はといえばあれから軍雇用員をやってみたり公務員を臨時でやってみたりしてますが、肝心の日常には特に変化はなく。 アメリカ横断しても人生変わらないタイプの人間です。そん…

誰か認めてくれるかな

以上、へっぽこアメリカヒッチハイク旅でした! ただいまー! 結果的に横断も縦断もしたけど、 別に野宿そんなにしてないし(シアトル※ぐらい)、 後半はご飯もわりと食べてたし。 ※凍てつくバス停、シアトルの夜 - トーキッシュのへっぽこ周遊記 バックパッ…

シャンハイより愛をこめて

ニューヨーク最終日はフロッギングモリーを観に行きました。 (サマソニ行けなかったから) 感想は特にないです。 別の日に見たカツラ屋さんの斬新なプロモーション。 めっちゃ悲鳴あげてしまった。 帰りはJFK空港からシャンハイ経由です。 行きはペキン…

怪しいバックパッカー?

ニューヨークの友人宅に帰り、 あとは帰国まで数日間ダラダラするだけ。 もう書くことはないだろうな、って思ってたんですが。 最後の最後に事件が。 友人のシェアハウスの部屋を一つ借り、 旅の疲れを癒すかの如くグータラ寝ていた俺。 ノックで叩き起こさ…

ニューヨークへ

長かった旅も終わり。 ラスベガスのマッカラン空港から、 ニューヨークのJFK空港へ。 いったん友人宅に戻り、数日間思い出話でもしてから、 テキトーに帰ろうかなと思います。 マッカランへは途中から歩いていきました。 本来はバスやタクシーを用いると…

アイラブグラウンド、5万人に1人

さて、今度はどこへ行こう! ラスベガスの名所をググっていると、 何やら興味深い記事を発見。 スカイダイビング、だと……? 正直めちゃくちゃ興味ある。 けど、安全なのはレッスンを受けるからであって、 さすがにスカイダイビングは言語の壁が高すぎるよ………

言語のグランドキャニオン

実は俺、アメリカに来てやりたいことが二つあったんです。 一つは、カートコバーンの墓※に行くこと。 ※ヴィレッタパーク - トーキッシュのへっぽこ周遊記 もう一つは、 グランドキャニオンに行くことです!ひゅー! キャニオンがまず最高なのに、その上グラ…

復讐のカジノ

夜のラスベガスを散歩。 うわ、すっげえ。 資本が光り輝いているよ……。 ガンズアンドローゼズのコピーバンド。 レベルたっか……。 無料ライブがずっと行われるらしいので こりゃ毎日楽しみだ、と思ってたんですが、 毎日いました。毎日お前らかよ。 ラスベガ…

ラスベガスが俺を呼んでいる!

やっほー!トケシだよ! まだまだ終わってたまるかー!!! 今回のヒッチハイク旅行、運がよすぎて 日程がめちゃくちゃ余ってしまったので、 実は今からラスベガスに遊びに行くのです。 さすがにヒッチハイクは疲れたのでバスで。 なのでここからは番外編で…

ロサンゼルスとの別れ

とうとうロサンゼルス最終日である。 クレイジーリンダ(しつこい)は今日もお仕事。 「今日は帰ったらディナーを作ってあげるからね!」 そんな終業式の豪華な給食みたいな。 ありがとう、ボク家で待ってるね! さて。 最終日ともなると、見慣れた風景が突…

ヴェニスビーチ、文明に飼い慣らされて

ご存知クレイジーなリンダ(省略しすぎ)。 今日はジュリアンもいないので、 一人でロサンゼルスの街並みを散歩してみることにした。 グーグルマップを駆使し、歩いて2時間でヴェニスビーチに到着! むう、ロサンゼルスって感じ。 特に大きな感想はないです…

日本食マーケットにて

ご存知クレイジーな繁忙期真っただ中のリンダ。 家でボーッとしていると、 同棲中のリンダのいとこジュリアンが突然。 「日本食マーケットに行こうよ!」 気を遣わせてしまったみたい。 確かにロサンゼルスは広すぎて、 車を持ってない俺は観光が困難だった…

夜景とメキシカンドーナツ

リンダはいま仕事がクレイジーな繁忙期らしく、 「ごめんね、あんまり時間とれないけど、 少しだけロサンゼルスを案内してあげる」 と言われた。 申し訳ない……これもアメリカの文化なのだろうか。 ゲストが来たら精一杯もてなす。 せっかくなのでお言葉に甘…

フィリピノパーティ

バイロンの彼女、リンダはなんと28歳。 結構年上だった。 ユールックヤング! でも考えたらバイロンも28歳って言ってたし、 仕事もしてるし、そりゃそうかって感じ。 カートコバーンなら死んでるぜ……。 そして平気で年齢聞いちゃったけど、 やっぱりアメ…

リンダと旅のおわり

実はこの旅行中ずっとバイロン※に連絡をしていたので、 ロサンゼルスに着いたことももちろん報告。 ※旅のはじまりと救世主バイオリン - トーキッシュのへっぽこ周遊記 「ロサンゼルス着いたよ!旅も終わりかなあ」 「グッド!そこに俺の彼女いるから、ぜひ連…

数珠の音、ロサンゼルスへ

朝の天気予報。 セルシウス度じゃなくファーレンハイト度なので なんかイマイチピンとこないんですけど、 多分寒いんじゃないでしょうか。知らんけど。 いいポイントを探して今日も歩く。 いっぱい歩く。 実はめちゃくちゃ歩いてます。 歩いて縦断していると…

ストロングタトゥーとご機嫌テッド

またもや10時起床。ナメきってるなー。 おはようございます。 なんだか今日は久しぶりにお腹いっぱい食べたい気分なので ハンバーガーが大きいらしいローカルチェーン店へ。 たまには贅沢しちゃお。えへへ。 ばーん。 ハビットバーガーである。 アメリカで…

ヴェンチュラ、モーテルを求めて

サンタバーバラを散歩する。 ほどよく都会な、ちょうどいい街。 踏切近くでタバコを吸っていると、 丸坊主の女性バックパッカーが近付いてきた。 「タバコくれない?」 はい、と一本渡すと、彼女は 「サンキュー、グッドトリップ」とピースサインを残し去っ…

物乞いカップルの南下旅行

さすがに疲労がたまってきたのか、 起きたのは10時過ぎ。 疲れたー。 ゆっくり準備し、ヒッチハイク開始である。 あれ。 あれれー。 全然車が通らない。史上最大級である。 5分に1台のペース。 これじゃあドライバーを捕まえるのは難しい……。 どうにかし…

クラクションは二回鳴る

降ろされた砂の街、名前はソレダードというらしい。 マクドナルドで少しの休憩をはさんでから、 もうしばらくヒッチハイクしてみることにした。 4時間経過。 全く捕まらない……。 トラックが1台止まり、2ドルをくれて去って行ったが、 それっきり誰も反応…

燃ゆる山を越えて

降ろされたところはサリーナスという街のショッピングモール。 ルーカスに感謝を伝え、別れを告げる。 フジヤマ、スシアンドヒバチ。 火鉢!? ショッピングモール付近には あまり幅の広い道路がなかったので 次のエントランスまで歩いてみることに。 閑静な…

ルーカスと国民性を語る

サンノゼでの長丁場のヒッチハイクの結果。 どちゃくそ焼けました。 激白だったのに……。健康的でいいのかな。 ちなみに、 何日も同じ服を着てるように見えますが、 何日も同じ服を着ています。 3着しかないんだもん。 どこにでもランドリーあるわけじゃない…

ベトナミーズコンニチハ

サンノゼで今夜の宿を探す。 そこそこの都市らしく、 有名なチェーンモーテルを当たっても 平均120ドル前後。 ちょっと払えない……! オフィス裏とかでいいから20ドルで泊めてくれー! 時刻は既に昼下がりだったが、 それならと、ギリギリまでヒッチハイ…

ハタチのアンチレイシスト

ハイウェイのド真ん中の入口でヒッチハイクを続ける。 が。 やっぱり難しいよ! だって車はやいんだもん! 数時間待ち続ける、つらい、移動しようかな……。 と、そこでやっと1台の車が! あれ、やたら若いぞコイツ……。 ありがとう!と急いで車に乗り込む。 彼…

サウスサンフランシスコサイン

サンフランシスコ脱出に向け、 今日も元気よくヒッチハイクだ!(疲労困憊) 数十分続けていると1台の車が。 名前はジョン。 やたら材木を集めていたが、職業はビール工場らしい。 日曜大工に使うのかな。 奥さんがハワイ出身の日系らしいが、日本語は話せ…

ホワイトヘブン作戦ふたたび

朝を迎え、少しゆったりしてからチェックアウト。 ご存知、都市内でのヒッチハイクは非常に難しいので 郊外の方までUberで移動することにしました。 ちなみに10ドルくらい。 Uberは今アメリカで人気沸騰中のタクシーアプリ。 都市部へ行くとよくUberのステ…

空と海の街、後編

安ホテルで数十分休憩を取り、街を探索することに。 気分はルンルン。 だって今日の俺、寝床確定してるんだぜ? どこまでだって行ける、ひゃっほー! 寝床が確定したバックパッカーは強いよ。 どこまでだって歩いて行けるよ。 雲のスケールがすごい。 なんだ…

空と海の街、前編

早朝、モーテルをチェックアウト。 サンフランシスコの入口、ゴールデンゲートブリッジへは もうそこまで距離はなかったので、 Uber(タクシーアプリ)を使って移動。 車を走らせること十数分。 きたー! サンフランシスコの門番の如く! なにこれ雲がかかっ…

サンフランシスコへ

ウィリッツのモーテルで朝ごはん! 引っ越し屋ボブからもらったチョコ菓子、 そして近くで買った謎のルートビア。 これアメリカではよくみるんだけど(マックとかでも)、 バニラ味とかあって、エンダーのよか好きかも知れません。 チェックアウトしたらヒッ…

ムービングブラザーズ

朝、モーテルを出発。 ブルッキングスという街らしい。 ケリー、センスいいな。この街すごいいいよ! 栄えてはいるんだけど、海や森が残ってて。 落ち着く。いい街だなあ。 ヒッチハイク開始。 あまり反応がよくないので、 街の出口から街の入口へとポイント…

元ヒッチハイカーとの邂逅

ジャスティンに降ろされたところは小さな村。 ガソリンスタンドやモーテルはあるけど、 どうせならもう少し進みたいなあ。 てことでストイックにヒッチハイク開始。 昨晩ジェニファー事件があったとは思えないような足取りの軽さである。 1時間足らずで1台…

ジャスティンバイツァダスト

昨晩のジェニファー事件を引きずりながらも、 俺はなぜかすごい強気に。 このまま不安を抱えて旅をするよりも、 今日で要らないものは全て払拭してしまおう。 昨日テリーにすすめられたヒッチハイクポイントであえて待つ。 仲間がいるなら来いよ、 全員ぶっ…

緊急帰国?ジェニファー事件、後編

モーテルに到着。 さっきまでなんてことなかった小さな物音が こんなにもこわくなるなんて。 ドアを二重にロックし、椅子をドアに立てかけ、 その椅子の前にテレビ台を置く。 これで急には入れないだろう……。 すぐ通報できるように電話は枕の横に。 無論、カ…

緊急帰国?ジェニファー事件、前編

テリーから逃げられたことで安心した俺は 近くのコンビニで夕飯を買い出しすることに。 チーズバーガーとコーラ。 モーテルに帰って食べよっと。 確かモーテルが禁煙室だったので、 コンビニの前でタバコを吸っていくことに。 すると目の前に1台の車が。 降…

テリーの淫行ダブルライド

ポートランド南部でヒッチハイクを続けていると、 1台のバイクが停車。 今回初のバイクである。 名前はテリーというらしい。 「今日は仕事がお休みなんだ、一緒に海に行くかい?」 おお、二人乗りで海岸線、これは憧れである! 結構南下するようだったので…

ポートランドの線路をゆく

ポートランドはそこそこ都会なので、 安く泊まろうとするならそれなりの覚悟が要ります。 壁とか破れてる。 というか外からカギかけられないんだが! でも街の雰囲気は悪くない。 治安もよさそうだし、いいか。 ちなみにポートランドは 「アメリカでいま一番…

スペシバロシアン

アジアンマフィアのアジトを飛び出したはいいものの、 見渡す限り森、畑。 どこなんだここは。 グーグルマップで場所を確認。 一番近いハイウェイでも歩いて90分。 仕方あるまい。 曲がるストリートの名前を暗記して、 あとはひたすら歩く。ひたすら。 何…

アジトにて、後編

アジトにて、前編 - トーキッシュのへっぽこ周遊記のつづき! アジアンマフィアのアジトに置いてけぼりにされた俺。 時刻は夜を迎える。 どうしよう、めっちゃ怖い。 周囲に建物がここしかない。 畑のど真ん中。 テレビやラジオもない。 しかも電波も悪い。 …

アジトにて、前編

ハイウェイから外れ、 どんどん森の奥に入って行くターン。 拉致案件だ、ナインワンワンだ! 着いたのは畑の中にポツンとある小屋。 中に入るとターンの家族(?)が出迎えてくれ、 タイ料理をふるまってもらった。 上の炒め物と、あと久しぶりの米は本当に…

アジアンマフィアは葉っぱのかほり

シアトルを出発し、郊外にてヒッチハイクを再開。 ボードには「SOUTH」って書いてます。 これまた適当な。 曇っているせいか、 昨晩に引き続き今朝もとても寒い。 なんで俺半袖なの? ブルブル震えながらガソリンスタンド前でドライバーを待つ。 ちなみに近…

ヴィレッタパーク

どんな夜も、いつかは明けます。 (地球のこのシステムに俺は本当に助けられた) だんだんと日が昇ってきたので、 とうとうカートの墓、ヴィレッタパークへ! 朝方。 とっても静か。 気合を入れてニルバーナTシャツだけど、 なんだかもうどうでもよくなって…

凍てつくバス停、シアトルの夜

チャイナタウンに降ろされ、今夜の宿を探す。 中国語の看板、なんだかとても 北京空港※を思い出して不快である。 ※灰の街ベイジン、破られた航空券 - トーキッシュのへっぽこ周遊記 そんなに安くもなさそうだし、 これは少し郊外の方へ出ていって、 安いモー…

シアトルへ、後編

ブラックスカイのお父さんに降ろされた場所は 小さなショッピングモールの近く。 もう少しでシアトル!ヒッチハイクにも熱が入ります。 近くに大学があるのか、大学生ぐらいの若者が バスから頻繁に乗り降りしている。 同世代に見られるのは少しだけ恥ずかし…

シアトルへ、前編

ディックおじさんからヒッチハイクを続ける。 こんなことで諦められるか! なかなか止まらない……。 ショッピングセンターが近くにあったので、 服屋さんを見たりしながら休憩。 ヒッチハイクを続けていると、1台の車が。 歯を矯正している、白人のお姉さん…

ディックおじさん

朝、モーテルをチェックアウト。 ビョンジュンのことを未だ引きずりながら(いい加減しつこい)、 重い腰でモーテルを後にしたのである。 ちなみにだけど高かった。100ドルくらい。 朝ごはんを済ませ、今日からまたヒッチハイク再開である。 今日からはもう…

涙のノースベンド、滲む夕焼け

「今日の夕方ごろに着くはずだ」 朝起きてすぐにビョンジュンはそう言った。 シアトルを経由するわけではないので 降ろすのは100マイルくらい手前になるわけだが、 それでも全然ありがたかった。 というより、 10日ぐらいで横断が終わろうとしている。 狩…

日韓バックパッカー対談

ビョンジュンとは本当にいろんな話をしました。 アジア人ってなぜか英語も聞き取りやすいんだよね。 ビョンジュン曰く「言語のルーツが同じだから」とのこと。 全ては中国から来てるらしいですね。 漢字だってそうだし。 ビョンジュンも実は元バックパッカー…

ビョンジュンの車窓から

そこからは一週間近く、ビョンジュンの車に乗っていました。 アメリカでっけえ。 写真じゃ伝わらないんだけど、なんて言うんだろう。 夕焼けとか見てると、水平線上の雲って一番遠いわけじゃないですか。 その一番遠い雲が、もうね、 めちゃくちゃ遠い。 日…

ロングディスタンストラックドライバー

朝。 モーテルをチェックアウトし、今日もヒッチハイク開始。 やたらデカいのに閑静なハイウェイ。 車も少なく、数分に1台通る程度……。 そんな中、数十分であるカップルが止まってくれました。 なぜか全然英語が聞き取れない。本当に英語? シアトルへ行き…