トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

シアトルへ、後編

 

 

ブラックスカイのお父さんに降ろされた場所は

 

小さなショッピングモールの近く。

 

もう少しでシアトル!ヒッチハイクにも熱が入ります。

 

 

近くに大学があるのか、大学生ぐらいの若者が

 

バスから頻繁に乗り降りしている。

 

同世代に見られるのは少しだけ恥ずかしい。

 

 

 

見えるかい!!!

 

俺の生涯年収が、モラトリアムに散っていくさまが!

 

眩しいだろう!眩しいだろう!ははは!

 

 

 

そこで1台の車が。

 

出てきたのは若い女の子。

 

ハンナモンタナのリリーみたいな顔してる。

 

f:id:toekish:20160814063111p:plain

 

※ハンナモンタナのリリー

 

 

 

「シアトル行きたいの!?」

 

「イ、イエス!」

 

「ごめんねシアトルは行かないんだー。バスでも行けるよ!バス賃もらう?」

 

「えっ」

 

バス賃は受け取らなかったけど、すごく嬉しかった。

 

グッドラック!というと彼女は車でどこかへ行ってしまった。

 

 

 

しばらく続けていると中年の女性が。

 

車が恐ろしく壊れている、ていうかバンパー取れてない?

 

 

f:id:toekish:20160814063647j:plain

 

 

なんと行き先はシアトル!我らが目的地である。

 

音楽が好きで、ロック音楽もとてもお気に入りなんだとか。

 

特にパンクが好きらしく、いろいろ語られたが

 

詳しくない上に英語もできないのでサッパリ。

 

 

とりあえず

 

「セックスピストルズ!セックスピストルズ!」

 

って言ってたら満足してくれたみたい。よかった。

 

 

 

しばらくしてシアトルのチャイナタインに降ろされる。

 

中国人のホテルがあるから、と彼女は言い残し消えてしまった。

 

 

f:id:toekish:20160814064157j:plain

 

なんだかイヤな雰囲気……。