トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

アジトにて、前編

 

 

ハイウェイから外れ、

 

どんどん森の奥に入って行くターン。

 

拉致案件だ、ナインワンワンだ!

 

 

f:id:toekish:20160815073253j:plain

 

 

着いたのは畑の中にポツンとある小屋。

 

 

中に入るとターンの家族(?)が出迎えてくれ、

 

f:id:toekish:20160815073520j:plain

 

タイ料理をふるまってもらった。

 

上の炒め物と、あと久しぶりの米は本当に美味かった!

 

右下のは怖かったので遠慮しました。

 

 

 

お腹も満たしたので、

 

とうとう畑仕事をはじめる。

 

 

f:id:toekish:20160815073838j:plain

f:id:toekish:20160815074003j:plain

 

 

ウップス……。

 

やはり本物は破壊力満点。

 

いや帰りたいよホント。

 

 

 

「ターン、これがマリファナなんだよね?」

 

 

「これはレタスだよ」

 

 

レタスくらい見たことあるわ!!!

 

 

 

マリファナの苗を丁寧に取り出し、

 

大きな鉢植えに植え替え、

 

水をやる。

 

 

こんなに笑える単純労働がかつてあっただろうか。

 

正直ずっと笑ってた。おもしろすぎるわ。

 

 

 

一通り終わって、ターンが一言。

 

 

「お前の好きなだけ、何日でも泊まっていいよ!」

 

ホントに?それは嬉しい!

 

宿代の節約はホントに大きい。

 

「泊まりたい」とターンに伝える。

 

 

 

「まあ俺らは帰るけどね」

 

 

家族と車に乗り込み、畑を出ていくターン。

 

 

え……?

 

独りなん……?

 

 

 

 

アジトにて、後編 - トーキッシュのへっぽこ周遊記へつづく!