読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

空と海の街、前編

 
 
 
早朝、モーテルをチェックアウト。
 
サンフランシスコの入口、ゴールデンゲートブリッジへは
 
もうそこまで距離はなかったので、
 
Uber(タクシーアプリ)を使って移動。
 
 
 
車を走らせること十数分。
 
 
 
 
 

f:id:toekish:20160816043822j:plain

 
 
 
きたー!
 
サンフランシスコの門番の如く!
 
 
 
なにこれ雲がかかってるの?
 
ヤバい、すげーデカい!
 
 
古宇利大橋みたいなの想像してた!
 
全然違う、飛び込んだら間違いなく死ぬ!
 
 
 
 
 
さっそく橋を渡ることに。
 
 

f:id:toekish:20160816044128j:plain

f:id:toekish:20160816044203j:plain

 

 

その高さはなんと約230メートル。すげえ。

 

 

俺の身長が四捨五入して2メートルなので、

 

俺が縦に115人分、ってとこですか。すごいな!

 

 

四捨五入しなかったら135人分くらいです。

 

 

 

f:id:toekish:20160816044622j:plain

 

 

あまりにもデカい、そしてゴール感がすごい。

 

もうここゴールでよくね?

 

そろそろ米が恋しいし……。

 
 
 
 
 
 
 
歩くこと40分、とうとう橋の向こう側へ。
 
 

f:id:toekish:20160816044952j:plain

 

 

疲れた。

 

ここからは街の中に入り、予約した安ホテルを探すわけだが……。

 
 
ちなみにアメリカは歩行者に全く優しくないです。
 
ハイウェイには歩道がないこともしばしば。
 
国土がデカいからそもそも歩く人が稀なのかも。
 
 
 
歩いていく前に、
 
まず歩いて行ける道を探す。
 
 
 
 
 
 
 
早朝に出発したのにもうお昼だ……。
 
歩くこと数時間、どうにか予約したホテルを発見。
 
 
 
 
すごいところにある……。
 
路地裏に無理やり建てたみたいな。
 
 
 
 

f:id:toekish:20160816045623j:plain

 

 

あ、すごい!独房みたい!

 

 

ちなみにテレビはあるのにトイレはない。

 

刑務所にすらトイレあるのに……。

 

 
 
でもまあ、安くて1泊200ドルとかのサンフランシスコで
 
ここは60ドルなんだから、全然オッケー。
 
ふかふかのベッドあるし。贅沢贅沢。
 
 
 
 
なんてブツブツ言ってると、
 
「バツン!」
 
 
 
急に消えるテレビ。あれ?
 
 
フロントに確認。
 
なんとみんながテレビを観てたせいでブレーカーが落ちたらしい。
 
ホテルってそんなことあるの?
 
 
 

f:id:toekish:20160816050222j:plain

 

 

救済措置、ということで中東系のフロントマンから電力をもらいました。

 

シュール。