トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

バイロンは博愛主義者

 

救世主バイオリンに拾われ帰国を免れた俺。

 

感謝を伝え、カタコト英語で会話してみる。

 

 

バイオリン……?テルミーユアスペル

 

「ビー、ワイ、アール、オー、エンヌ」

 

 

Byron。

 

バイロンだった。

 

Vですらないのかよ!!!

 

 

 

英語って難しい、先が思いやられるぜ……。

 

 

 

俺「今からどこへ行くの?」

 

バイロン「仕事帰りだよ。君は?」

 

俺「シアトルへ行きたいんだ」

 

 

バイロン「シアローッ!?」

 

 

凄い驚かれた。

 

ファニーすぎるって言われた。

 

え、そんなに?なぜ?

 

アメリカ人ってみんなそんな感じでしょ……?(ステレオタイプ)

 

 

 

「長旅になるよ、よかったら家に泊まってって!

 

明日、ペンシルベニア(隣の州)まで送ってあげる!」

 

 

マジで……?そんなに世話になっていいの?

 

 

「お腹減ってるでしょ、魚料理作ってあげる!

 

ビール好き?映画も見ていいよ!

 

洗濯機も乾燥機も使っていいよ!!」

 

 

なんだか怒涛の親切攻撃。

 

あなたがナイチンゲールか!

 

 

本当に申し訳ないけど、

 

今回はお世話になることにしました。

 

 

車を走らせること数十分。

 

静かな池沿いのバイロン宅に到着。

 

空気がおいしい。いいところだなー。

 

 

 

出迎えてくれるお母さん。

 

 

バイロン「彼は日本人のヒッチハイカーなんだ」

 

お母さん「@\%$*&」

 

 

なんて?

 

 

どうやらバイロン達は中南米からの移民?で

 

家ではスペイン語で話すらしい。

 

 

英語も聞き取れないのにそりゃあ聞こえないわな!

 

 

f:id:toekish:20160813154410j:plain

 

 

そこからは魚料理をごちそうになったり、

 

ビール飲みながらデッドプールを観たり。

 

 

f:id:toekish:20160813150955j:plain

 

屋根裏でビリヤードしたり。

 

 

初日からこんなに親切にしてもらえるなんて。

 

本当にありがとうバイロン

 

欲を言えば1回くらい勝たせてほしかったけど。