読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

ストラウズバーグでの別れ

 
 
バイロン宅での夜を終え、
 
翌朝、出発。
 
 
「西は夜寒いからカイロ持っていきな!」
 
「雨降ると大変だから折り畳み傘も」
 
「昨日の魚の残りだよ」
 
「帽子もあげる」
 
 
あっという間にカバンがパンパンに。
 
どこまで親切なんだバイロン
 
 
 
車を数十分走らせ、着いたのは
 
ストラウズバーグという小さな街。
 
 

f:id:toekish:20160813152649j:plain

 
 
さっそく帽子かぶってみました。
 
あんまり似合わない……ムズムズする……。
 
 
バイロン「地図があった方が便利じゃない?」
 
 
それは言えてる、というわけで
 
お別れの前に街で地図を探してみることに。
 
 
適当なストアへ入る。
 
 
バイロン「地図ない?」
 
店員「ソーリー。この店には置いてないよ」
 
バイロン「彼が日本人のヒッチハイカーでさあ」
 
店員「ブレイブ!熊よけスプレーでも持ってくかい?
 
 
 
 
他のお店も見つからず、
 
地図は諦めることに。
 
 
紙の地図欲しかったなあ、
 
でもまあグーグルマップあるし……。
 
 
 
 
困ったときはメールして、と連絡先を渡され、
 
バイロンは車で帰って行った。
 

f:id:toekish:20160813154027j:plain

 
とても寂しいけど、いつか日本に遊びに来てよな!