トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

ロングディスタンストラックドライバー

 
 
 
朝。
 
モーテルをチェックアウトし、今日もヒッチハイク開始。
 
やたらデカいのに閑静なハイウェイ。
 
車も少なく、数分に1台通る程度……。
 
 
そんな中、数十分であるカップルが止まってくれました。
 
 
なぜか全然英語が聞き取れない。本当に英語?
 
シアトルへ行きたいことを伝えると、
 
「長距離トラックの運転手に聞いてみなよ」
 
と、トラックのターミナルで降ろされる。
 
 
 
確かに、毎日こうチマチマと移動してたら旅程が伸びてしまう。
 
結果帰国が伸びてしまう。
 
不法滞在である。
 
万引きすらしたことないのに!
 
 
これはいいアドバイスだ、とさっそくターミナルでヒッチハイク
 
 

f:id:toekish:20160814033537j:plain

 

イキのいいトラックがたくさんいるぜ……。

 
 
とりあえず白人に声をかけてみるが、
 
「我々はインシュランスを持っていない」
 
みたいなことを言われ一蹴。
 
 
インシュランスってなんだっけ。保険?
 
 
 
諦めず他のトラックにも聞いてみる。
 
聞いて、聞いて。
 
聞き続ける。
 
 
 
 
5時間が経った。
 
 
見てわかる程度に日焼けしている。暑い。
 
 
と、そこでこちらに近づいてくるアジア人を発見。
 
乗せてくれるのかな?
 
 
「@\&!#=&$ニダ」
 
 
あ、このイントネーションの感じ。
 
韓国人だ!
 
多分俺のこと韓国人って思ってるのかも。
 
 
 
「ソーリーアイムジャパニーズ」
 
韓国人でないことを告げる。
 
まあK-POPが崩れたような顔ってよく言われるけど……。
 
 
オハイオ(隣の州)までなら乗せてあげるよ」
 
 
どうやら結構な親日家のよう。 
 
ラッキー、すごい距離稼げる!
 
さっそくトラックに乗り込む。助かったー!
 
 

f:id:toekish:20160814034514j:plain

 

 

名前はビョンジュン。

 

韓国から移住してきたカナダ人らしい。

 

 

しばらく談笑し、

 

日が暮れてからビョンジュンが一言。

 

 

「実は今からバンクーバーまで行くんだけど、途中まで乗ってく?」

 

 

 

なぜか苦笑いしてる、何が面白いんだ?

 

グーグルマップを見てみる。

 

 

あ!

 

バンクーバーって、シアトルのすぐ近くじゃん!!!

 

横断の旅4日目にして終わりかけてるよ!!!

 

 

 

気付いた時にはすごい笑った。

 

ビョンジュンも笑ってた。

 

まさか目的地がほとんど一緒とは。

 

 

どうする?とビョンジュン。

 

 

でも確かに、下手に横断を長引かせるよりは

 

その分他の地域も見れていいのかも。

 

 

不法滞在しなくて済むし……。