トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

涙のノースベンド、滲む夕焼け

 

 

「今日の夕方ごろに着くはずだ」

 

朝起きてすぐにビョンジュンはそう言った。

 

 

 

シアトルを経由するわけではないので

 

降ろすのは100マイルくらい手前になるわけだが、

 

それでも全然ありがたかった。

 

 

というより、

 

10日ぐらいで横断が終わろうとしている。

 

狩野英孝かよ。

 

 

 

なんとなく物寂しい雰囲気が漂う車内。

 

今日でお別れかー。

 

 

 

お昼休憩。

 

サービスエリアに到着。

 

 

 

「ビョンジュン、また写真撮っていい?」

 

「もちろん!待って、帽子取ってくるから」

 

 

f:id:toekish:20160814045709j:plain

 

 

ビョンジュンも自分のスマートフォンを取り出し、カメラを起動する。

 

息子に俺の話をするらしい。

 

「ジャパニーズサムライボーイ」って紹介するってさ。

 

なんだか馬鹿にされているような……。

 

 

 

 

さらに半日ほど走らせ、到着。

 

とても寂しいけど、行かなきゃ。

 

 

 

 

「俺、ビョンジュンとお別れするのとても悲しい」

 

 

「俺がヨーロッパにいた時、50歳のおじさんに助けられたんだ。

 

その人も誰かに助けられたことがあるらしくて、

 

今度はお前が誰かを助ける番だって言われた。

 

これで恩返しできたかな。ガハハ!」

 

 

 

 

「ユーノーワットアイミーン?」と顔を覗き込むビョンジュン。

 

わかってるよ、今度は俺が誰かを助ける番だな。

 

明日でも、10年後でも。

 

 

 

 

 

「気をつけて!ジャパニーズサムライスピリット、ムリムリ!」

 

ずっとガハガハ笑ってるビョンジュン。

 

トラックを降り、トラックが見えなくなるまで手を振った。

 

 

 

近くのモーテルで急に寂しさがこみあげる。

 

 

出会ったらいつか別れないといけない、

 

こんなに別れが悲しいなら出会わない方がよかったのかなー。

 

 

俗物的な上に幼稚な感情である。

 

 

 

でも寂しいなあ。

 

またどこかで会えたらいいなあ。

 

 

f:id:toekish:20160814050646j:plain