トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

ディックおじさん

 
朝、モーテルをチェックアウト。
 
ビョンジュンのことを未だ引きずりながら(いい加減しつこい)、
 
重い腰でモーテルを後にしたのである。
 

f:id:toekish:20160814051629j:plain

 
ちなみにだけど高かった。100ドルくらい。
 
 
 
 
朝ごはんを済ませ、今日からまたヒッチハイク再開である。
 

f:id:toekish:20160814052032j:plain

 

今日からはもう目と鼻の先のシアトルへ照準を合わせる。

 

喜屋武岬から辺戸岬くらいかな。チョロい!

 

 

 

ポイントを探してヒッチハイク開始!

 

数十分程度待っていると、1台の車が停車。

 

 

話しかけてみる。

 

 

「ハロー、俺は日本人ヒッチハイカーなんだけど、

 

今からシアトル行きますか?」

 
 
「……」
 
 
おじさんなんだか冷たい。
 
早く乗れって感じの顔。
 
 
なんだか不安を感じながら乗車。
 
 
 
するとおじさんいきなり
 
「彼女はいるのか」
 
なんて聞いてきた。
 
 
「え、どうしてそんなこと聞くんですか?」
 
 
 
 
「俺はお前のディック(陰茎)を食べたい」
 
 
 
 
えっ!?
 
 
 
そういうと彼は俺の股間に手を当ててきた。
 
ち、ちょっと待って!!!
 
 
 
「アイムソーリー!アイムノットゲイ!」
 
 
焦りながら手をどけさせ、嫌悪感をあらわにする。
 
だってノンケだし……。ごめん……。
 
 
 
半ば強引に降ろさせてもらい、彼は消えてしまった。
 
 
 
 
 
同性愛者に偏見はないんだけど、
 
強引はいけないよね。
 
それは男女間でも同じこと。
 
ノーマルアブノーマル以前に、人としてのモラルの話ですよ。
 
 
 
ってなんかめっちゃ冷静にしてるけど、
 
正直、
 
めちゃくちゃ怖かった……。
 
泣きそうだったもん……。