トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

シアトルへ、前編

 

ディックおじさんからヒッチハイクを続ける。
 
こんなことで諦められるか!
 

f:id:toekish:20160814053944j:plain

 
 
なかなか止まらない……。
 
ショッピングセンターが近くにあったので、
 
服屋さんを見たりしながら休憩。
 
 
 
ヒッチハイクを続けていると、1台の車が。
 
歯を矯正している、白人のお姉さん。
 
お、シアトル連れてってくれるの?
 
 
「ごめんね、シアトルは行かないんだけど、
 
これ朝ごはん。グッドラック!」
 
 
そういうと彼女は去って行ってしまった。
 
 

f:id:toekish:20160814054416j:plain

 
 
渡された袋の中身は朝マック
 
なんでみんなこんなに優しいんだ!
 
 
 
この細長い奴はブリトーっていって
 
アメリカではめちゃくちゃポピュラー。トルティーヤ的な?
 
 
 
ありがたくいただく、めっちゃ美味しい。
 
ディックおじさんのことなんて吹っ飛んだわ。
 
 
 
やる気がみなぎってきたのでさらにヒッチハイク
 
1時間足らずで今度はおじさんが止まった。
 

f:id:toekish:20160814054750j:plain

 
 ※蝶野ではない。
 
 
息子がロックミュージシャンらしい。
 
「ユートゥー!ユートゥー!」って言いだすから
 
「息子U2なの!?」って思ったら
 
YouTubeのことだった。
 
ビックリした。まあU2知らんけど……。
 
 
 
 
自慢の息子のCDを流し始める彼。
 
全く親バカだなあ、微笑ましい……。
 
 
 
……。
 
 
 
 
普通にレベルが高い!?
 
 
俺はてっきり高校生に毛が生えたようなバンドかと……。
 
厚いギターリフに重いながらもタイトなベースとドラムの絡み、
 
そしてクリアでどこか悲しげな女性ボーカル。
 
 
完全にエバネッセンスじゃん……。
 
すごいなアンタの息子……。
 
 
 
 
ブラックスカイという名前らしい。
 
バンド名はちょっとアレだけど、でもすごい!
 
 
 
 
よかったらユートゥーで検索してみてください。
 
CDも貸しますよ(ちゃっかりもらっている)。
 
 

f:id:toekish:20160814055741j:plain