トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

元ヒッチハイカーとの邂逅

 
 
ジャスティンに降ろされたところは小さな村。
 
ガソリンスタンドやモーテルはあるけど、
 
どうせならもう少し進みたいなあ。
 
 
 
てことでストイックにヒッチハイク開始。
 
昨晩ジェニファー事件があったとは思えないような足取りの軽さである。
 
 
 
 
1時間足らずで1台の車が。
 
 
名前はケリー、なんと元ヒッチハイカーらしい!
 
「俺もそうだったから、
 
ヒッチハイカーは積極的に拾ってあげてるんだ」
 
とのこと。
 
 
 
話す言葉はスラングまみれ、しかも現在執行猶予中
 
車の中に謎のドラッグが見つかったらしい。
 
 
なにそれ怖い。
 
悪い人じゃあなさそうだけど。
 
 
 

f:id:toekish:20160815115511j:plain

 

 

釣具屋に重りを売る仕事という

 

これまたニッチな職業を持つ彼だが、

 

「ついてこい!」と様々なスポットを案内された。

 

 

やったー!仕事はいいの?

 

 

f:id:toekish:20160815115942j:plain

f:id:toekish:20160815120018j:plain

f:id:toekish:20160815120132j:plain

 

 

静かな水面、遠い水平線。

 

大きいなあ、アメリカの海!

 

 

仕事はいいの?
 
 
 
 
加えてケリーはテクノ音楽が好きらしい。
 
スクリレックスなら俺も好きだよ、と伝えると
 
喜んで選曲しだした。
 
そこからはノリノリのドライブ。楽しい!
 
 
 
 
半日ほど一緒に行動し、適当なマックへ。
 
案の定おごってもらった。
 
もう!優しすぎるんだから!
 
 
 
「うう、さっきの釣具屋でミスっちまった、
 
戻らなきゃいけない、ここでお別れだな」
 
 
えーここでお別れなの、てか仕事ちゃんとしてよ!
 
 
 
このアドレスに連絡くれ、とケリー。
 
ありがとう、またいつか。
 
 
 
安いモーテルも見つけてもらい、
 
いい夜を過ごすことができました。
 
 
 
※追記
 
ケリーのアドレス、間違ってて届かなかった。バカヤロー!