トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

フィリピノパーティ

 
 
 
バイロンの彼女、リンダはなんと28歳。
 
結構年上だった。
 
ユールックヤング!
 
 
 
でも考えたらバイロンも28歳って言ってたし、
 
仕事もしてるし、そりゃそうかって感じ。
 
カートコバーンなら死んでるぜ……。
 
 
 
そして平気で年齢聞いちゃったけど、
 
やっぱりアメリカでも失礼だったりするのかなあ。
 
詳しい人教えてください。
 
 
 

f:id:toekish:20160817044821j:plain

 
 
とてもオシャレなアパートメント。
 
朝からダラーッと呆けているとリンダが一言。
 
 
「よかったら今日パーティに来ない?友人バネッサの誕生日なの」
 
 
来たよ、来た来た。
 
アメリカンホームドラマな展開。
 
 
 
日本人には理解しがたい感覚だよね。
 
自分の誕生日パーティに知らない外国人が来るんだぜ。
 
どんな気持ちになるのか全く想像できないよ。
 
 
 
ドンビーシャイ!これがアメリカのカルチャーなの。
 
アナタが来てくれたらワタシとてもハッピーだわ」
 
 
 
えー、そんなこと言われても……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:toekish:20160817045329j:plain

 
 
行くんかい。
 
 
 
実はちょっと興味あったんだよねー!
 
少しだけお邪魔します!
 
ごめんね、ホントごめんね!
 
 
 
パーティに知らない人がいることはとても普通なことらしい。
 
リンダも「初めまして!」って何人かに言ってた。
 
 
リンダですら初めての人もいるんだ。
 
不思議な文化だなあ。
 
 
 
 

f:id:toekish:20160817045729j:plain

 
 
ちなみにこの誕生日のバネッサ(写真中央)はフィリピン系。
 
来ているお客さんもみんなフィリピン人のよう。
 
 
 
 
 
フィリピン語で話しかけてくるのだが、
 
俺が日本人だとわかると
 
「あ、ごめんね」といった顔で
 
英語に通訳してくれる。
 
 
 
優しいなあ。
 
まあ英語でも何言ってるかわかんねえけどな!
 
 
 
 
ただ、リンダが俺の紹介をすると
 
みんな興味を示してくれたみたい。
 
そんな旅行やってみたいけどできないよ、といった反応。
 
そんだけ英語話せたらもっと簡単だと思うけど……。
 
 
 
名前もわからないけど、いいやつたくさんいた。
 
グッドラック!って拳ガツンとやったり。
 
 
 
ギター弾いてたり、ドローンで遊んでたり、マリファナ吸ってたり。
 
これがアメリカのパーティか、面白いなあ。
 
マリファナオトーリはやめろ!
 
 
 
終始ポカーンだったけど、帰る頃にはとても感傷的に。
 
寂しいなあ、みんな元気でね。