読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

日本食マーケットにて

 
 
 
ご存知クレイジーな繁忙期真っただ中のリンダ。
 
家でボーッとしていると、
 
同棲中のリンダのいとこジュリアンが突然。
 
 
「日本食マーケットに行こうよ!」
 
 
気を遣わせてしまったみたい。
 
確かにロサンゼルスは広すぎて、
 
車を持ってない俺は観光が困難だったのだ。
 
 
 
これは嬉しい、とさっそく乗車。
 
ジュリアンの友達も含め、三人で出発しました。
 
 
 

f:id:toekish:20160817054003j:plain

f:id:toekish:20160817054123j:plain

f:id:toekish:20160817054207j:plain

f:id:toekish:20160817054251j:plain

 
すげー。
 
めっちゃウケる。
 
 
 
「働いてる人は日本人なの?」
 
「んー、サムタイムズ!」
 
 
むう、見た目じゃ全くわからない。
 
 
とりあえず近くの女性店員に話しかけてみる。
 
「アーユージャパニーズ?」
 
「あ、日本語喋れますよ、すみません、すみません
 
 
あー!!!
 
この、謝る必要ないのにやたら謝る感じ!!
 
日本人だ!!日本人を見つけたぞ!!
 
 
この旅行初めての日本人にテンションの上がる俺。
 
ジュリアンたちをほったらかして話を続ける。ごめんね。
 
 
「沖縄から来たんですよー」
 
「そうなんですね、自分富山から来てもう十数年になりますー。
 
旅行で来てるんですか?」
 
「えと、ヒッチハイクでニューヨークから……」
 
「え、ニューヨークから!?
 
す、すっげえっすね!すっげえっすね!
 
 
えーなにそれ気持ちいい。
 
でもどんだけ持ち上げても、何も買わないからな!
 
 

f:id:toekish:20160817055441j:plain

 

買うんかい。

 

スシマスターTシャツ、日本じゃ絶対着ないよなあこれ。

 

お金ないのに。ちくしょー!

 
 
 
でも久しぶりに日本語喋ってとても暖かい気分だったので、
 
全然いいです。明日着ますね。
 
 
店員さん、これからもがんばってね!