トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

怪しいバックパッカー?

 

f:id:toekish:20160819044354j:plain

 

 

ニューヨークの友人宅に帰り、

 

あとは帰国まで数日間ダラダラするだけ。

 

もう書くことはないだろうな、って思ってたんですが。

 

 

 

最後の最後に事件が。

 

 

 

友人のシェアハウスの部屋を一つ借り、

 

旅の疲れを癒すかの如くグータラ寝ていた俺。

 

 

ノックで叩き起こされる。

 

まだ9時じゃん、もう少し寝させてよ……。

 

 

扉の前にいたのは上の部屋に住む大家さん。

 

日本語が話せる、台湾人のおばあちゃんです。

 

 

 

「おたく昨日どこいたノ」

 

「えと、洗濯して、ご飯食べて……」

 

「本当にそれだけなノ、嘘はよくないノ」

 

「(あ、タバコNGだったのかな……)

 

これだけだと思います、どうしたんですか?」

 

 

 

 

「私のネ、真珠がないノ」

 

 

 

えっ。

 

 

 

「おたく部屋入ったデショ。わたしわかるノ。

 

顔を見ればネ、嘘をついてるかどうかわかるノ」

 

 

「……えと、俺が盗んだってことですか?」

 

 

じっと顔を見上げ、唇を噛みしめながらうなずく大家さん。

 

 

ちょっと待てー!!!

 

 

なんでこんな大きな旅をしてきた後に

 

そんな小さなことしないといけないんだ!

 

 

 

 

「おたくネ、帰ってきたときすごく汗臭かったノ。

 

ヒッチハイクなんてネ、おそろしい、おそろしいノ、

 

あなたが誰か殺す誰かがあなた殺すドッチ!!!」

 

 

 

なにが?

 

 

 

めちゃくちゃ怒ってる……。

 

と、とにかく、彼女曰く、

 

俺は帰ってきたときからクサくて(二重の意味で)

 

そんな不透明な旅をしていたヤツの言うことなんて

 

何一つ信じられないノ、ということらしい。

 

 

 

なんだそりゃあ。

 

 

 

「今から警察を呼ぶノ、だからおたくは夕方に帰ってくる、いいネ」

 

 

部屋を追い出される俺。

 

えー。なんなんだこの状況。

 

 

 

 

 

それから数日間も、彼女の疑いの目は晴れず。

 

シェアハウスの友人たちがかばってくれたけど、

 

こうなった大家さんはもう誰の言うことも聞かないみたい。

 

 

 

下手に部屋を出入りすると「おたくなにしてるノ」とか言われるし、

 

家にいたらいたで「部屋でなにしてるノ」とか言われるし、

 

残りのニューヨーク生活はとても窮屈なものになりました。

 

 

 

ちなみに言うまでもないけど、

 

パクってないですよ。

 

 

パクってどうするというんだ、質にでも流すか……?