トケシの!マッパでヘッポコ周遊記

震える声でラブエンピース!沖縄生まれのインドア革命派が世界各地で博愛をゴニョゴニョ呟くイモブログ

ベトナムその3、ワルい街編

無事にフォーを食べることもできたので、

深夜のホーチミンをブラブラ散策。

 

 

f:id:toekish:20190331202201j:plain

 

思ったより煌びやか。

 1人でビールを飲みながら散歩します。

 

 

鼻を撫でる都会特有のヤボったい空気、生ぬるい風、喧噪。

 

 

ていうか歩きながら飲むのサイコー!

この背徳感がサイコー!!!

 

 

近くのコンビニへ。せっかくなので現地のタバコを購入します。

 

f:id:toekish:20190331202400j:plain

 

チャンピオンですって。

 

店員にブルーとシルバーの違いを聞いたけど

しかめ面で「ンッンー」みたいな反応された。

 

非喫煙者だったのか、俺の顔が嫌いだったのか。。。

 

 

 

 

夜遊びの若者たちがバイクで通り過ぎていく中、

公園のベンチに座り込んで一服。

 

 

すると、目の前に1台のバイクが停車。

 

女性の2人乗りらしく、後ろのお姉さんがスタスタと近づいてきました。

スラッとした人でボディラインの出るピチピチTシャツ。

 

ていうか谷間、谷間がすごい!!!

 

グランドキャニオンも顔負け!!!!

 

 

 

 

 

するとキャニオン姉さんが隣に座り、

何やらベトナム語を耳元で囁き始めたんですよ。

 

何だ?と思ったら突然俺の身体をペタペタ触り出したんです。

 

あーーーダメ!!それ俺のエンパイヤステートビル!!!!

(うるさい)

 

 

 

でも俺としてもエンパイヤステートビルを触られて嫌な気分はしないので、

キャッチか何かだろう、と思って放置してたんですね。

 

 

するとおもむろに立ち上がるキャニオン姉さん。

 

何だか嫌な予感がしてポケットを確認すると……。

 

 

 

あれ?スマホがない!!!!!

 

 

 

バッと横を見ると俺のスマホをしまおうとするキャニオン姉さん。

待て待て待て!!!

 

 

慌ててスマホを取り返し、「ノーマネーノーマネー」と怒りながら追い返しました。

 

危なかった~~スマホがなかったらゲストハウスにも帰れないよ!!

間一髪。洗礼を受けたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

翌日、同じく市内を歩いていた時のこと。

 

フランス領時代の名残でフランス風の建築をされている

ホーチミン人民委員会庁舎」なるスポットがあるらしく、暇なので直行。

 

 

 

わ!キレイ!はしゃいで写真を撮ります。

(写真は諸事情により残っていないです。理由は後述)

 

 

 

一通り撮り終わったところで「ヘイ!」との声。

振り向くとバイクから手招きしている男性が。

 

英語で「ダメだよあの建物を撮影したら!」みたいなこと言ってる。

そ、そうなの?と慌てて話を聞くと、

 

 

 

「あのラインを超えて写真撮影しちゃダメなんだ。

警察に捕まってしまうよ!」とのこと。

 

 

なるほど確かにベトナム共産主義国家だし、

政治の悪口を言うと逮捕されるみたいな話も聞いたことがあるな……。

 

これは本当なのかも知れない、ありがとうおじさん!

 

 

 

「ところでどこから来たの?」とのことなので、

アイムジャパニーズと答えると、

 

「トモダチ!トモダチ!」とのこと。

話を聞くとどうやら若い時に何年か日本で働いていたらしく、

多少喋れるんだとか。いい人やーん!

 

 

「今日はこの後どこ行くの?」「1人で?旅行?」と、一通り雑談。

 

 

するとおじさんが突然手を差し出してきた。

え、なに?

 

 

「撮影禁止って教えてあげたからお金ちょうだい」

 

 

な、なんだってーーーー!!!

 

お前も結局それか!!!!

 

 

 

あまりにもしつこかったから500円くらいあげました。

いい商売してんなチクショウ。。。

 

 

 

撮った写真はその後すぐに消しました。

逮捕とかされないとは思うけど、なんか怖くなって。。。

 

庁舎が気になる人はグーグルで調べてみてください。笑

何か綺麗だったような気がします(あんまり覚えていない)。