読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

テリーの淫行ダブルライド

 

 

ポートランド南部でヒッチハイクを続けていると、

 

1台のバイクが停車。

 

今回初のバイクである。

 

 

 

名前はテリーというらしい。

 

「今日は仕事がお休みなんだ、一緒に海に行くかい?」

 

おお、二人乗りで海岸線、これは憧れである!

 

結構南下するようだったので、お願いすることに。

 

 

 

 

 

いざハイウェイへ。

 

風が強い!目が開けられない!

 

 

日本人だと伝えると、テリーも日本人が好きらしく、

 

「アイライクユー、アイライクユー」と言っていた。

 

それはよかった!

 

しかしやけに脚を撫でてくるなコイツ……。

 

 

 

数時間かけて森を通り抜ける。

 

もっと体を密着させろとか、アゴを俺の肩に置けとか、

 

妙にスキンシップを取りたがるテリー。

 

なんなんだろう、ちょっとイヤだな……。

 

 

 

f:id:toekish:20160815095158j:plain

f:id:toekish:20160815095238j:plain

 

 

でも森サイコー!!!

 

 

 

 

ひんやりしてて気持ちよかったし、

 

ディックおじさん※に比べると全然変な感じもなかったので、

 

特に気にしないことにした。

 

 

ディックおじさん - トーキッシュのへっぽこ周遊記

 

 

さらに海岸へドライブを続ける。

 

その間も脚を撫でられる。なんなんだ一体……。

 

 

もっと深くつかまれ、というので

 

仕方なくより腕を回す。

 

 

 

ん?

 

なんかすごい手を握ってくる……。

 

 

 

と思った次の瞬間、

 

彼は自分の股間に俺の手をあてがい始めたのだ!

 

 

 

あ、こわい!

 

しかも腰も振りだした。

 

コイツ俺の手でシコってる……!

 

 

あわてて大きなハイウェイ沿いで降ろさせる。

 

「俺はこのままヒッチハイクを続けたい、だからここでお別れです」

 

必死に英語で説明、心臓がバクバクしている。こわい。

 

 

 

「……そうか、それならここでヒッチハイクをするといい」

 

今まで優しかったのに急に口調が重くなるテリー。

 

 

いやいいから早く帰ってくれー!

 

 

 

バイクで来た方向を戻って行くテリー。

 

よかった、とてもこわかった……。

 

 

f:id:toekish:20160815100646j:plain

 

 

半日ほどドライブしたが、とても疲れた……。

 

適当なモーテルを探し、今日はもう休むことにしたのでした。