読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキッシュのへっぽこ周遊記

ただ誰かに認められたかった。沖縄の大学生がアメリカをヒッチハイクで横断・縦断するブログ。

ヴェニスビーチ、文明に飼い慣らされて

 

 

 

ご存知クレイジーなリンダ(省略しすぎ)。

 

 

今日はジュリアンもいないので、

 

一人でロサンゼルスの街並みを散歩してみることにした。

 

 

 

グーグルマップを駆使し、歩いて2時間でヴェニスビーチに到着!

 

 

f:id:toekish:20160817060225j:plain

f:id:toekish:20160817060300j:plain

f:id:toekish:20160817060324j:plain

 

 

むう、ロサンゼルスって感じ。

 

特に大きな感想はないです。

 

 

水着のカップル達がバカンスしてる中、

 

一人でセルフィーをはじめるバックパッカー

 

大丈夫です、怪しい者じゃございません!

 

 

 

他にも近くに有名な漁港があることが判明。

 

グーグルマップもあるし、行ってみるかな。

 

 

 

スマホをぶんぶん振り回し突き進む。

 

いま思えば、なぜこんな愚行をしでかしたのか。

 

寝床を借りていたがゆえの、慢心に起因するのかも知れない。

 

 

 

あっ。

 

道路にスマホを落とす俺。

 

あいや。

 

大丈夫かな、と拾い上げる。

 

 

 

 

画面いっぱいのヒビ。

 

うわあ、やっちゃったよ。

 

最悪ー。

 

 

 

まさか、動かないとか、ないよな。

 

 

待ち受けをタップする。

 

 

 

 

 

 

反応しない。

 

 

やっべー。

 

ここどこだよ!!!

 

 

何度触っても、こすっても、強く押してみても。

 

スマホは反応しない、事実は変わらない。

 

俺のスマホは死んだのである。

 

 

 

ヤバい、やっちゃった、やっちゃった。

 

ブツブツ独り言を呟く俺。

 

一体ここはどこなんだ。

 

日も落ちてきてるし、漁港はほっといて、とりあえず一旦帰ろう。

 

さっき見たグーグルマップを必死に思い出す。

 

 

 

えと、海岸は西にあるわけだから、

 

リンダの家は東。これは間違いない。

 

とりあえず夕日を背にして歩けばいいんだ。

 

 

 

北斗七星を目標とす船乗りのごとく。

 

東へ、東へと突き進んでいく。

 

1時間とちょっとで見覚えのある名前のブルバード(主要道路)に到着。

 

やっべー、問題はここからなんだよな。

 

 

 

東西はわかっても、南北がわからない。

 

リンダの家はここより南なのか、北なのか。

 

 

 

行きはかなりの距離を無心で歩いてきたので、全然自信がなかった。

 

なんか右方向な気がするけど……みたいな。

 

 

そこから歩くこと1時間。

 

 

やっと辿り着いた……。

 

めちゃくちゃ焦った……。

 

かなりの早歩きだったので、着いた頃には汗だくに。

 

 

 

 

 

f:id:toekish:20160817062748j:plain

 

 

眠ってるみたいだろ……。

 

 

 

翌朝、ジュリアンに教えてもらったリペアショップに行くも、

 

エクスペリアのスクリーンなんてないと言われ、

 

修理には5日以上かかることが判明。

 

アメリカじゃソニーはそこまでシェアないんだね。

 

アイフォンなら1時間で直るのに……。

 

 

 

 

帰ったらアイフォンに機種変しよう。絶対。

 

 

 

 

ということで。

 

帰国までは、主にタブレットを使うことにしました。

 

主にっていうか、スマホ完全に動かないんだけどね。

 

物理ボタンは生きてるので、大きな時計です。

 

 

大変だ、スマホを旅先で失うとこんなにも不安なんだな。

 

文明によりかかってるなあ。くそー。

 

 

 

でもこれが北アメリカのど真ん中とかじゃなくて本当によかった……。